知育玩具レビュー:ローヤルの「やみつきボックス」使ってみた!

育児

なぜ買おうと思ったか

ちょうど7か月頃、ぬいぐるみ付のメリーを破壊するようになり、

ぬいぐるみや歯固めもすぐ手放すようになってきたので、新たなおもちゃの導入を検討しました。

保育園でも指先を使って遊べるおもちゃがおすすめと聞いたので

・指先を使ってたくさん遊べる機能があるおもちゃ

・あわよくば一人で遊んでもらえるおもちゃ

を基準に探したところ、ぴったりのものを発見しました!

やみつきボックスの概要

対象年齢は10か月~とあります。20個の仕掛けと35個の知育刺激が搭載されています。

触って遊ぶポイントがたくさんありますね。

音が鳴るおもちゃも好きだったので、即決しました。

使ってみて良かった点

とにかくたくさん遊べる

指先を使って「押す」「つまむ」「まわす」「ひっぱる」など、たくさんの動作がこのおもちゃひとつで体験することができます。

音楽も搭載

音楽を流すボタンもあり全部で8曲搭載されていています。

1. むすんでひらいて
2. ちょうちょう
3. げんこつ山のタヌキさん
4. かたつむり
5. かえるの合唱
6. ぶんぶんぶん
7. 大きな栗の木の下で
8. メリーさんの羊

使い始めたころは何となく音楽を流しているようでしたが、1歳半になった今は音楽にあわせて体を揺らすようになりました。

長く遊べる

8ヶ月のころ買ったのですが、1歳半になった今でも遊んでいます。

歩けるようになり、大人の使うものに対する興味が強いので以前ほど熱中して遊ぶことはないですが

思い出したように部屋の隅にあるやみつきボックスを取り出し、音楽を流したりプロペラをまわして遊んでいます。

使ってみてイマイチだった点

電池が必要

音が鳴るおもちゃを探していたので、これは仕方のないことなのですが

電池の消費は早いような気がします。

電池がなくなってくると、ブツブツと切れるような音が流れます。。

ビーズコースターを一度つけると箱に収納できない

上部にあるビーズコースターですが、安全上一度つけると取り外しできないようになっています。

たしかに取っ手がわりに使っていますが、取れないと安心ですね。

ただ、箱に収納してしまうことができないのでそこだけが少しだけ不便です。

まとめ

良いところ、イマイチなところを正直にレビューしましたが

買ってよかったなと思うおもちゃでした!

月齢によって遊ぶ部分も変化していきますし、これだけ搭載されている機能が多いとまだまだ遊んでくれそうです。

今までのおもちゃに飽きてきたかなと思ったときに取り入れてみるのもいかがでしょうか。

何かの参考になれば幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました